自宅のトイレや脱衣場に小型カメラを設置し友人の女性を盗撮したとして、京都府警が12日、府迷惑防止条例違反(卑わいな行為の禁止)容疑で、京都市左京区の大学生の男(22)を逮捕したことが、捜査関係者への取材で分かった。
男は男女の友人グループを自宅に招いては、少なくとも4年前から自宅トイレなどで20人以上の女性に対し約400回動画を撮影していた。府警のこれまでの任意聴取に対して「性的欲求を満たすため。将来的に(動画を売買して)小遣いも稼ぎたかった」と話しているという。
捜査関係者によると、男は昨年3~12月、自宅のトイレや脱衣場に設置した複数の小型カメラで、友人女性3人を7回盗撮した疑いが持たれている。男はトイレの天井につるした観葉植物や穴をあけた歯磨き粉のチューブなどにカメラを設置し盗撮していたという。
男は撮影した動画をツイッターに投稿していた。動画には女性らの顔も写っており、女性の1人から相談を受けた府警が捜査を進めていた。
https://www.sankei.com/article/20220412-VE3LMY4QK5JVZNCAZOL6VBZCFU/