映画「愛のむきだし」などで知られる園子温監督が女性俳優らに作品への出演を条件に性的関係を迫ったと週刊誌が報じ、事務所の公式サイトは、園監督名で「皆さまにお騒がせをしてしまっていることにつきまして、深くおわびいたします」とする謝罪コメントを掲載した。
5日発売の「週刊女性」が、園監督に性的関係を迫られたとする複数の女性の証言を掲載。コメントは「映画監督としての自覚のなさ、周りの方々への配慮のなさを自覚し、今後のあり方を見直したい」とした上で、記事については事実と異なる点が多いと主張、「代理人を通じて、しかるべき措置をとる」としている。
園監督は、実際の殺人事件を基にした作品や、東日本大震災後の被災地を舞台にした映画を監督し、国際的に注目されてきた。代表作に「冷たい熱帯魚」「ヒミズ」などがある。
https://www.sankei.com/article/20220406-3RMYQMRBUBK4JA2L7X7PZPNTRU/