マンション4階からボウリングの球を投げ落としたとして、兵庫県警明石署は13日、殺人未遂容疑で、兵庫県明石市松の内の造作大工、清水道雄容疑者(57)を逮捕した。「ボウリング球を投げたことは間違いない」と供述する一方、殺意については否認しているという。
逮捕容疑は10日午後10時40分ごろ、7階建て自宅マンションの4階通路から殺意を持ってボウリング球を投下したとしている。
同署によると、ボウリング球は通行人などには直撃せず、けが人はいなかった。ボウリング球の購入履歴から清水容疑者を特定したという。
https://www.sankei.com/article/20220413-VHRB7AMJUFM2NPWBYQ2QPZFN5A/