中小企業の電子化を支援する国の「IT導入補助金」の不正受給事件で、大阪府警捜査2課などは7日、不動産関連会社19社分の補助金計950万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で、大阪市中央区のホームページ制作会社「ワールドエージェント」元代表取締役、北川督(つかさ)容疑者(33)ら男2人=いずれも別の詐欺罪で起訴=を再逮捕した。
19社の代表は同一人物といい、府警は不正受給との関連を調べる。北川容疑者らは同様の手口で2度にわたり計1800万円を詐取したとして逮捕、起訴されたが、ともに逮捕されたテレビ朝日社員2人は処分保留で釈放されている。
再逮捕容疑は平成30年11月~31年2月、不動産関連会社19社がワールド社にITツール導入経費を支払ったと偽って補助金を申請、国から計950万円を詐取したとしている。
府警によると、北川容疑者らは申請要件を満たすため、19社のホームページ制作費名目で1社につき108万円の経費を請求。経費は後に19社側に払い戻し、詐取した補助金計950万円の半額がワールド社側に分配されていたという。
https://www.sankei.com/article/20220407-VKH7WQADW5NOTA4Q26NFXHLWHA/