カテゴリー

« 新たに子ども1人救助 意識なし、不明者の捜索続く―知床観光船事故・北海道(25日)時事 | トップページ | 観光船遭難「衛星電話つながらず」運航会社が海保に説明(25日)NHK »

2022年4月25日 (月)

SNS中傷のない社会実現を 池袋暴走と木村花さんの遺族が対談(25日)時事

東京・池袋の乗用車暴走事故で妻子を亡くした松永拓也さん(35)と、誹謗(ひぼう)中傷を受け命を絶った女子プロレスラー木村花さん=当時(22)=の母響子さん(45)が24日、都内で対談した。2人はインターネット交流サイト(SNS)による中傷のない社会の実現に向け、法整備や教育が必要だと訴えた。

侮辱罪厳罰化、衆院で審議入り 「拘禁刑」への一本化も

 事故後、SNSで妻子の実名を挙げられた上で中傷された松永さんは「こんなにつらく苦しいのかと実感した」と話した。再発防止には法整備が必要で、表現の自由と被害者側保護の両立は可能だと訴えた。
 松永さんは「インターネットと車はどちらも便利だが、一歩間違えれば人を傷つけ、時には殺してしまう」とも指摘。「使い方の教育が重要だ」と語った。
 響子さんは、中傷被害の証拠集めのほか、裁判にかかる時間や経済的負担について触れ、「何回も心をえぐられた」と振り返った。
 加害者側について「無意識に中傷しているのではないか。『中傷とは何か』という社会的なガイドラインが必要だ」と指摘。その上で、「怖いのはSNSではなく、それを攻撃に使う人。『娘の名前で金もうけをしている』などと心ない言葉を向けられたが、これからも中傷のない世の中にするための活動を続けたい」と語った。
 対談は、松永さんが響子さんに呼び掛けて実現した。花さんへの中傷では2021年3月、侮辱罪で略式起訴された男に対し、東京簡裁が科料9000円の略式命令を出した。松永さんは今年3月、自身のツイッターに「金や反響目当てで闘っている」などとする書き込みがあり、警視庁に相談した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022042400450&g=soc

« 新たに子ども1人救助 意識なし、不明者の捜索続く―知床観光船事故・北海道(25日)時事 | トップページ | 観光船遭難「衛星電話つながらず」運航会社が海保に説明(25日)NHK »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新たに子ども1人救助 意識なし、不明者の捜索続く―知床観光船事故・北海道(25日)時事 | トップページ | 観光船遭難「衛星電話つながらず」運航会社が海保に説明(25日)NHK »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ