カテゴリー

« 覚醒剤約4億円相当密輸か 国粋会系総長らを逮捕(14日)産経 | トップページ | 納品書偽造、補助事業で不適切処理 観光協会の理事11人が全員辞任(14日)朝日 »

2022年4月14日 (木)

子どもへの不審な声掛けや盗撮…発生が多い場所は 福井県警が2021年事案分析、駅や列車内が大幅に増加(14日)共同

福井県警は2021年に県内で確認された18歳未満の子どもに対する、声掛けなどの不審な事案・事件の分析結果を4月8日までにまとめた。認知件数は218件で、発生場所別で、駅構内・列車内が26件(11・9%)となり、16~20年平均の9・8件(4・2%)から大幅に増えた。
 不審な事案・事件は、犯罪の前兆となる声掛けやつきまといのほか、盗撮や痴漢などがある。昨年の認知件数は16~20年の平均233・4件を下回ったが高止まりの状態が続いている。

⇒福井県内の不審者、最近の発生事案まとめ

 発生場所は、道路上が102件(46・8%)で最多。次いで駅構内・列車内が多く、特に「カメラを向けられた」などの容姿撮影の通報や盗撮が目立った。
 行為別では、声掛けが61件(28・0%)、容姿撮影は48件(22・0%)。盗撮は13件(6・0%)、痴漢は6件(2・8%)だった。対象別では小学生が86件(39・4%)で最も多く、高校生60件(27・5%)、中学生55件(25・2%)と続いた。

 県警は8日朝、高校生らの登校に合わせ県内5駅で警戒活動を行った。福井市のJR福井駅では警察官と少年警察大学生ボランティアの計7人が参加し、「痴漢、盗撮は犯罪。気を付けて」などと呼び掛けた。同ボランティアの仁愛大学の学生は、盗撮や痴漢に対し「自身で気を付けるとともに、見かけたらすぐ警察に通報することが大事」と話していた。
 県警は1~28日を「春の子供安全対策推進期間」に定めており、事業者らに見守り活動を呼び掛けるほか、子どもたちへの防犯教育などを行う。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1531571

« 覚醒剤約4億円相当密輸か 国粋会系総長らを逮捕(14日)産経 | トップページ | 納品書偽造、補助事業で不適切処理 観光協会の理事11人が全員辞任(14日)朝日 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 覚醒剤約4億円相当密輸か 国粋会系総長らを逮捕(14日)産経 | トップページ | 納品書偽造、補助事業で不適切処理 観光協会の理事11人が全員辞任(14日)朝日 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ