岐阜県大垣市立中の男性教諭2人が、オンライン授業後にマイクを切り忘れ、別の場所で授業を受けた生徒たちに音声が聞こえる状態のまま「いい風俗知りませんか」などと話をしたとして、市教育委員会が厳重注意処分にしたことが22日、市教委への取材で分かった。
市教委によると今年1月の保健体育の授業後、生徒側の端末と通信がつながったままの状態で、「いい風俗知りませんか」「(大阪の)飛田新地って有名ですよね」などと会話したという。その後つながっていることに気づき、マイクをミュートにした。
授業を受けていた生徒から学校に相談があった。市教委は「個人の特定につながる」として、学校名など詳細を明らかにしていない。
https://www.sankei.com/article/20220422-WJLEWHPU5BM4ZCI3FOKS7C5USQ/