カテゴリー

« ミサイル被弾の旗艦「モスクワ」ロシア国防省が沈没したと発表(15日)NHK | トップページ | 東大寺 国宝の大仏殿 液体のようなものかけられたあと見つかる(15日)NHK »

2022年4月15日 (金)

新型コロナ「BA.2」「XE」とは?知っておきたいこと【4/11】(15日)NHK

新型コロナウイルスの感染がまた徐々に増えつつあります。
次の「第7波」で主流になるとみられているのが、オミクロン株の1つでより感染力が高いとされる「BA.2」。さらにイギリスなどでは別の変異ウイルス「XE」も徐々に広がりをみせ、日本国内でも初めて検疫で確認されました。
新たな変異ウイルスの現状、そして必要な対策とはどんなことなのでしょうか。

■「BA.2」 世界で広がる

新型コロナウイルスは世界中で広がる中で変化を繰り返しています。その中で今、世界各国で最も広がっているのがオミクロン株の1つ「BA.2」というウイルスです。「BA.1」からさらに、ウイルスの表面の突起で細胞に感染する際の足がかりとなる「スパイクたんぱく質」などの遺伝子が変異しています。

●“英93%・米72%が「BA.2」”
新たに確認された感染者のうち「BA.2」の占める割合は
▽イギリスでは保健当局が2022年3月27日までの1週間で93.9%に上ったとしていて
▽アメリカではCDC=疾病対策センターが2022年4月2日までの1週間で72.2%だと推定しています。

●“日本 5月には93%が「BA.2」に”
日本国内では国立感染症研究所が民間の検査会社のデータをもとに全国での「BA.2」の割合を推定したところ、2022年3月半ばの時点で30%程度でしたが、5月の第1週には93%、6月の第1週には100%を占めるとみられるということです。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220411/k10013576501000.html

« ミサイル被弾の旗艦「モスクワ」ロシア国防省が沈没したと発表(15日)NHK | トップページ | 東大寺 国宝の大仏殿 液体のようなものかけられたあと見つかる(15日)NHK »

新型コロナウイルス禍関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミサイル被弾の旗艦「モスクワ」ロシア国防省が沈没したと発表(15日)NHK | トップページ | 東大寺 国宝の大仏殿 液体のようなものかけられたあと見つかる(15日)NHK »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ