火災が発生したマンションの部屋から男性(74)を救出したとして、大阪府警旭署は大阪市旭区の建具職人、北野修一さん(72)に感謝状を贈った。地元町内会の会長を務めており、定期的に参加していた消防訓練で教わった救助方法が役立ったという。「住人さんが助かってよかった」と話した。
異変に気付いたのは3月28日午前11時ごろ。地元の集会所の外に出ると、向かいのマンション2階から白煙が上がっていた。「消防車のサイレンは聞こえない。初期消火ができるんじゃないか」と思い、すぐにマンションに向かった。
部屋の前に着くと、玄関ドアにそっと手のひらをおいた。燃え盛る炎で熱くなると聞いたことがあったからだ。「大丈夫そうだ」。だが、開扉するや感じたことのない熱風にさらされた。
続きを読む
https://www.sankei.com/article/20220425-UOECM64NV5O5ZOJ6HQDUEQZUOA/