兵庫県警甲子園署は9日、同署地域3課の男性警部(44)が交番の巡回中に拳銃の実弾を一時紛失したと発表した。通行人の80代男性が拾って持ち帰ったが、約24時間後に回収した。
同署によると警部は7日朝に出勤後、署で拳銃と袋に入った実弾を受け取った。規定では受け取った際、拳銃に弾を装填(そうてん)しなければならないが、袋に入れたまま巡回。勤務を終えた8日午前10時半ごろ、拳銃を署に返却する際に紛失が発覚した。
防犯カメラの映像から、7日午後1時半ごろに兵庫県西宮市上田中町の上田交番前の路上で落としたことが判明。拾った通行人も特定し、8日午後1時半ごろ、通行人宅で回収した。署は公務に支障が出るとして、紛失した実弾の数を明らかにしていない。
手塚真司副署長は「拳銃の取り扱いについて指導を徹底したい」とコメントした。
https://www.sankei.com/article/20220409-4PSKJND4NBPY7PI6CASI435W74/