福岡県警小倉北署は26日、酒気帯びで乗用車を運転していたとして、道路交通法違反容疑で現行犯逮捕した男(32)を釈放し、同じ車にいた女(25)を同法違反(無免許運転)で逮捕したと発表した。女の身代わりになろうと、自分が運転していたという虚偽の説明をしたとして、改めて犯人隠避容疑で男を逮捕した。
逮捕されたのは、いずれも北九州市小倉北区片野新町の会社員、末岡拓也容疑者と自称飲食店従業員、三好明日花容疑者。
小倉北署によると24日深夜、巡回中のパトカーが不審な動きの車を発見。小倉北区内で停車させて職務質問し、運転席に座っていた末岡容疑者を25日未明に現行犯逮捕した。
しかし、その後の捜査で周辺の防犯カメラの映像などから、三好容疑者が車を運転していたことが判明した。末岡容疑者が酒気帯び運転をしたかどうかについても、捜査を続けるとしている。
https://www.sankei.com/article/20220426-BXS3IQJ7MZOY3IHNHED6GFP34M/