カテゴリー

« 災害迫る前、早めの避難を 人と防災未来センターで新作映像(6日)共同 | トップページ | 知らぬ間にネットバンク機能 4人が不正送金で1千万詐欺被害(6日)共同 »

2022年4月 6日 (水)

「これが福祉なのか...」困窮者への特例貸付で破産連絡700件超 コロナ禍で大量申請、支援現場に葛藤(6日)共同

新型コロナウイルス禍で困窮した人に生活資金を無利子・保証人不要で貸し付ける国の「生活福祉資金の特例貸付制度」の申請期限が、3月末だったのが6月まで延長された。延長は8回目で、困窮者支援の主要政策になっている。ただ制度を巡っては、返済が難しいとみられる人にも積極的に貸し、生活再建につながっていないとの指摘も。窓口の東京都社会福祉協議会(社協)には自己破産の連絡が700件以上相次ぎ、返済が始まる来年1月には全国的にも相当の返済不能な人が発生するとみられ、識者から懸念が出ている。(中村真暁)

生活福祉資金の特例貸付制度 厚生労働省の制度で、コロナ禍で生活に困窮する人に、最大20万円を貸す「緊急小口資金」と、最大60万円を貸す「総合支援資金」がある。各地の社会福祉協議会が貸し付け業務を担う。全国社協によると、制度利用額はリーマン・ショック後の2010年度の49倍にあたる1兆3700億円に迫る。

◆「こんなに自己破産通知が来たことない」

 制度開始はコロナ禍が本格化した2020年3月。もともとあった低所得者向けの制度(緊急小口資金と総合支援資金)を、対象者の要件を「特例」として緩めて借りやすくした。最大200万円を借りられた時期もあり、貸付総額は全国で1兆3700億円に迫る。
続きを読む
https://www.tokyo-np.co.jp/article/169984

« 災害迫る前、早めの避難を 人と防災未来センターで新作映像(6日)共同 | トップページ | 知らぬ間にネットバンク機能 4人が不正送金で1千万詐欺被害(6日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 災害迫る前、早めの避難を 人と防災未来センターで新作映像(6日)共同 | トップページ | 知らぬ間にネットバンク機能 4人が不正送金で1千万詐欺被害(6日)共同 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ