千葉県警は20日、刃物で刺した後に意識が混濁した知人男性(21)を放置したとして、保護責任者遺棄の疑いで、千葉市若葉区の会社員、伊東龍之介容疑者(21)ら19~21歳の男女4人を再逮捕した。
他に再逮捕されたのは千葉県柏市北柏の飲食店従業員、小野恵美容疑者(20)、同県船橋市宮本の自称建設業、関根大和容疑者(21)、同市の自称建設業の男(19)。同市の契約社員、高橋拓義さんの太ももを刃物で刺すなどした傷害の容疑で逮捕されていた。
再逮捕容疑は3月26日夜、高橋さんの意識が混濁しているのを認識しながら車に乗せ、伊東容疑者のアパートの部屋に運び放置したとしている。高橋さんは30日未明、この部屋で死亡しているのが発見された。
https://www.sankei.com/article/20220420-GBHA2ZUWARIM3AKXUZHVQQXTJA/