カテゴリー

« 子どもへの不審な声掛けや盗撮…発生が多い場所は 福井県警が2021年事案分析、駅や列車内が大幅に増加(14日)共同 | トップページ | 「安保法制は違憲」認めず 鹿児島地裁、国賠請求を棄却(14日)共同 »

2022年4月14日 (木)

納品書偽造、補助事業で不適切処理 観光協会の理事11人が全員辞任(14日)朝日

一般社団法人「駒ケ根観光協会」(長野県駒ケ根市)は13日、臨時総会を開き、国や県の補助事業で不適切な事務処理があったことを報告し、同日付で理事11人全員が辞任した。組織再建のため事務局を市に移すことを決め、伊藤祐三市長を会長とする新たな理事6人を選任した。
 伊藤市長に昨年10月、協会に関する告発文書が届き、協会が第三者委員会を設置。決算が出ている2020年度の事業に絞って調査した。第三者委の長谷川洋二弁護士らによると、不適切な行為は事業部長だった職員(3月に退職)によるもので、私的流用はなかったという。
 具体的には、補助金を受けるために必要な納品書が遅れたため、納品した会社の納品書を偽造したり、イベントに必要な物品を購入したにもかかわらず、補助金を受けるためにリースと偽ったりした。イベントのパンフレットなどを1千~2万部単位で発注しながら納品が100~400部にとどまった例もあった。
 納品書を偽造された会社は告…
https://www.asahi.com/articles/ASQ4F6VHSQ4FUOOB007.html
この記事は有料会員記事です。残り256文字

« 子どもへの不審な声掛けや盗撮…発生が多い場所は 福井県警が2021年事案分析、駅や列車内が大幅に増加(14日)共同 | トップページ | 「安保法制は違憲」認めず 鹿児島地裁、国賠請求を棄却(14日)共同 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもへの不審な声掛けや盗撮…発生が多い場所は 福井県警が2021年事案分析、駅や列車内が大幅に増加(14日)共同 | トップページ | 「安保法制は違憲」認めず 鹿児島地裁、国賠請求を棄却(14日)共同 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ