カテゴリー

« <あの日から 東日本大震災11年>岩手出身の巡査、越谷署で勤務 「災害地で人の支えに」(23日)共同 | トップページ | 電力逼迫「また我慢の日々か」 重点措置解除も、漂う諦めも―繁華街ネオンこうこう(23日)時事 »

2022年3月23日 (水)

首都圏の停電危機なぜ起きた?どう乗り切った? 政府が繰り返した要請の効果は(23日)共同

首都圏は22日、電力需給の逼迫で大規模停電が起きかねない事態となった。そうした状況になぜ陥り、どう乗り切ったのか。(小野沢健太、小川慎一)

◆気温低下と発電施設の障害が重なる

 この日は東京都心で雪が舞うほど気温が低下し、電力需要が上昇した。東京電力によると、午後1時台に、4525万キロワットと最大需要を記録した。2011年の東日本大震災以降では3月として最大規模の需要に近づいた。
 東電が見込む供給力には限界があった。19~20日に横浜市磯子区にある電源開発の石炭火力発電所(120万キロワット)が故障で停止。天候が悪く太陽光発電は期待できなかった上、福島県の太平洋沿岸にある2つの石炭火力発電所は16日の地震で損傷していた。
 相馬共同火力発電の新地発電所(新地町、100万キロワットが2基)は港で石炭を荷揚げするクレーン4基のうち、2基の支柱が倒壊。炉の損傷などは調査中で、広報担当者は「復旧には長期間かかると思う」。東電と中部電力が共同出資するJERAの広野火力発電所(広野町)6号機(60万キロワット)は復旧に1カ月かかる。

◆「蓄電池」みるみる減る余力

 東電は供給を補うため、栃木、群馬などに計8カ所ある「揚水発電所」をフル活用した。揚水発電は高低差のある2つの貯水池(ダム湖)の間に発電機を設置。電力が余る深夜に上の池に水を揚げ、必要な時に水を下へ流して発電する仕組みだ。供給力を調整する「蓄電池」と位置付けられている。
続きを読む
https://www.tokyo-np.co.jp/article/167174

« <あの日から 東日本大震災11年>岩手出身の巡査、越谷署で勤務 「災害地で人の支えに」(23日)共同 | トップページ | 電力逼迫「また我慢の日々か」 重点措置解除も、漂う諦めも―繁華街ネオンこうこう(23日)時事 »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <あの日から 東日本大震災11年>岩手出身の巡査、越谷署で勤務 「災害地で人の支えに」(23日)共同 | トップページ | 電力逼迫「また我慢の日々か」 重点措置解除も、漂う諦めも―繁華街ネオンこうこう(23日)時事 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ