カテゴリー

« 児童虐待対応強化へ 全国の警察で「児童虐待危険度判定チェック票」運用開始 児童虐待の通告・検挙は過去最多に(10日)TBS | トップページ | 警察手帳を出し「ちょっと署まで…」 ユニークな採用ポスターの狙い(10日)朝日 »

2022年3月10日 (木)

「新型コロナ給付金」関連詐欺で検挙の少年266人 大麻少年は過去最多994人 刑法犯少年は戦後最少(10日)TBS

持続化給付金など「新型コロナ給付金」をめぐる詐欺で、去年1年間に検挙された少年の数が266人にのぼったことが、警察庁が初めて取りまとめた統計データから明らかになりました。
警察庁によりますと、去年1年間に全国で殺人や強盗、詐欺などの刑法犯として検挙された20歳に満たない少年の数は1万4818人で、2011年以降11年連続で戦後最少を更新しました。
このうち「新型コロナ給付金」に関連した詐欺で検挙された少年の数は、詐欺で検挙された少年全体のおよそ3割にあたる266人にのぼったということです。
初めて警察庁が取りまとめたデータで明らかになったもので、9割以上は持続化給付金をめぐる詐欺で、少年が個人事業主を装うなどし、指南役として暴力団がからむケースもあったということです。
また、所持や密売など大麻にからみ検挙された少年の数は994人と過去最多となっていて、最年少は14歳の中学生でした。
この5年で5倍近くまで増加していて、背景としては▼SNSなどを通じて入手がしやすくなっていること、▼大麻への危険性の認識が薄いこと、などが考えられるということです。
一方、SNSをきっかけに犯罪に巻き込まれた18歳未満の被害児童の数が1812人にのぼったこともわかりました。
このうち殺人や強制性交など重要犯罪の被害に遭った児童は141人で、その6割を占めたのは略取誘拐だったということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye6006882.html

« 児童虐待対応強化へ 全国の警察で「児童虐待危険度判定チェック票」運用開始 児童虐待の通告・検挙は過去最多に(10日)TBS | トップページ | 警察手帳を出し「ちょっと署まで…」 ユニークな採用ポスターの狙い(10日)朝日 »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 児童虐待対応強化へ 全国の警察で「児童虐待危険度判定チェック票」運用開始 児童虐待の通告・検挙は過去最多に(10日)TBS | トップページ | 警察手帳を出し「ちょっと署まで…」 ユニークな採用ポスターの狙い(10日)朝日 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ