徳島市の内藤佐和子市長(38)は28日、市民団体がリコール(解職請求)運動のために集めた署名の一部に偽造があったとして、地方自治法違反(署名偽造)の疑いで徳島県警に被疑者不詳で刑事告訴する意向を記者団に示した。
内藤氏は、市選挙管理委員会が25日から縦覧していた署名簿に複数の同一筆跡の署名や死亡者の署名などを確認したとして「不可解な点が残る」と話した。
市選管は24日、市民団体から提出された署名簿の審査結果を発表。署名総数7万1551人分のうち有効署名数は6万6398人分で、リコールに必要な7万660人分に届かなかった。
https://www.sankei.com/article/20220328-US5PRT3BEBMTFHZU4LFCDQAYM4/