カテゴリー

« 事務局長の次男に有罪 知事リコール署名偽造―名古屋地裁(16日)時事 | トップページ | 尖閣沖 中国海警局の船4隻が日本の領海に侵入 海保が警告(16日)NHK »

2022年3月16日 (水)

北朝鮮 飛しょう体発射「直後に失敗か」韓国軍(16日)NHK

韓国軍は、北朝鮮が16日午前、首都ピョンヤン郊外から飛しょう体を発射したものの、直後に失敗したとみられると明らかにしました。
北朝鮮による発射はことしに入って10回目で、アメリカ軍とともに詳しい分析を進めています。
韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が16日午前9時半ごろ、首都ピョンヤン郊外の国際空港があるスナン(順安)付近から飛しょう体を発射したものの、直後に失敗したとみられると明らかにしました。
韓国軍の関係者は「飛しょう体が上昇しなかった」と記者団に説明していて、アメリカ軍とともに詳しい分析を進めています。
北朝鮮による発射はことしに入って10回目で、北朝鮮は、同じスナン付近から先月27日と今月5日にも、弾道ミサイルを1発ずつ発射し「偵察衛星の開発のための重要な実験を行った」と発表していました。
防衛省は、いずれもICBM=大陸間弾道ミサイル級だったと分析していて、北朝鮮が3回目の発射実験を試みた可能性があります。
今回の発射に先立って、韓国メディアは、政府関係者の話として、北朝鮮がスナン付近に移動式発射台を展開しており、今週初めにも新型のICBMに関連した追加の発射を行う兆候があると伝えていました。
16日の発射が失敗だった場合、北朝鮮が近く、再び発射を試みることも予想され、韓国軍は警戒と監視を強めています。
北朝鮮のメディアは、キム・ジョンウン(金正恩)総書記が北西部トンチャンリ(東倉里)にある「衛星発射場」を視察したと、今月11日に伝えていて、北朝鮮が今後「偵察衛星の打ち上げ」と称してICBMを発射する可能性が指摘されています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220316/k10013533801000.html

« 事務局長の次男に有罪 知事リコール署名偽造―名古屋地裁(16日)時事 | トップページ | 尖閣沖 中国海警局の船4隻が日本の領海に侵入 海保が警告(16日)NHK »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事務局長の次男に有罪 知事リコール署名偽造―名古屋地裁(16日)時事 | トップページ | 尖閣沖 中国海警局の船4隻が日本の領海に侵入 海保が警告(16日)NHK »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ