カテゴリー

« 山健組本部事務所に使用差し止め申請 暴追センター(11日)産経 | トップページ | 東日本大震災11年 安寧へ、願い込め 鶴岡八幡宮で追悼復興祈願祭 3宗教 共に心寄せる(12日)共同 »

2022年3月11日 (金)

エアガンで撃たれた傷71カ所 1歳の三男衰弱死 母に懲役8年判決(11日)朝日

 福岡県田川市で2018年、重度の低栄養状態だった1歳4カ月の三男に必要な治療を受けさせず死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の無職常慶(じょうけい)藍被告(27)の裁判員裁判で、福岡地裁(溝国禎久裁判長)は11日、「悪質性が相当高い」として懲役8年(求刑懲役12年)の実刑判決を言い渡した。無罪を主張した弁護側は控訴する方針。
 判決によると、三男唯雅(ゆいが)ちゃんは18年10月下旬に重度の低栄養状態に陥り、11月上旬には手足やあばらなど計31カ所を骨折、父親の雅則被告(26)=保護責任者遺棄致死と傷害の罪で起訴=にエアソフトガンで撃たれた傷が71カ所あり肺感染症を発症していたのに、常慶被告は病院に連れて行くなどせず、12月1日に田川市の自宅で急性呼吸不全により死亡させた。
 弁護側は公判で、被告に軽度の知的障害があり、唯雅ちゃんが病院に連れて行くべき状態だったことを認識できず「故意はない」と無罪を主張。しかし、判決は「一見して明らかな異常といえる。保護が必要な状態を認識していたと推認するのが合理的」と認定。その上で、分離して審理される雅則被告にも当てはまると言及した。唯雅ちゃんは亡くなる3日前ごろまでに医師の診察や治療を受ければ救命可能だった、とも指摘した。
 また、常慶被告は長男や長女…
この記事は有料会員記事です。残り343文字
https://www.asahi.com/articles/ASQ3C752YQ3CTIPE009.html

« 山健組本部事務所に使用差し止め申請 暴追センター(11日)産経 | トップページ | 東日本大震災11年 安寧へ、願い込め 鶴岡八幡宮で追悼復興祈願祭 3宗教 共に心寄せる(12日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山健組本部事務所に使用差し止め申請 暴追センター(11日)産経 | トップページ | 東日本大震災11年 安寧へ、願い込め 鶴岡八幡宮で追悼復興祈願祭 3宗教 共に心寄せる(12日)共同 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ