ロシアの人権団体「OVDインフォ」によると、同国の44都市で6日に反戦デモがあり、タス通信によると、首都モスクワやサンクトペテルブルクなどで3500人以上が拘束された。
内務省は5日、無許可で集会の開催を試みた場合、阻止した上で、主催者の責任を追及すると発表していた。
会員制交流サイト(SNS)に投稿された動画では、極東ハバロフスクでの集会で参加者が拘束される前に「戦争にはノー(反対)を。恥ずかしくないのか」と叫んだ。当局は拡声器で「あなたたちは無許可集会に参加している。散会しなさい」と呼び掛けた。
一部のデモ隊は違法集会の取り締まり対象にならないよう、プラカードの掲示などを避け、行進や歌で抗議した。OVDインフォによると、ロシアがウクライナに侵攻した2月24日以来、反戦運動で拘束された人は1万人を超えた。(共同)
https://www.sankei.com/article/20220306-SMVSH7DAGZK7VL4D5FODYAKUAA/