京都府井手町で約5年前に行方不明になった女性=当時(19)=を殺害したとして、交際相手だった男が逮捕された事件で、京都府警は8日、女性の身元が同町の専門学校生、木村京花(きょうか)さんと判明したと発表した。府警が奈良市の若草山で行っていた捜索で、骨の一部が見つかり、DNA型鑑定で木村さんと特定した。
事件では、府警が2月16日、平成28年10月22日ごろに木村さんを殺害したとする殺人容疑で、同町の会社員、末海征河(すえうみ・せいが)容疑者(25)を逮捕。容疑を認め、「彼女を車の中で殺害し、そのまま山に運んで道路から投げ捨てた」と供述していた。
府警は末海容疑者の供述をもとに、遺体を遺棄したとされる若草山山頂近くを通る自動車専用道脇の崖下や、その周辺で捜索を実施していた。当初は約20人態勢の捜索だったが、その後に増員し、これまでのべ約790人を動員。範囲を広げるなどして捜索を進め、これまで木村さんのものとみられる着衣の一部やスマートフォンなど、複数の所持品が見つかっていた。
https://www.sankei.com/article/20220308-WLLDNL4A3VKDJMO3EFPQ5ZQ2FU/