カテゴリー

« 教え子の水着の着替えを盗撮 小学校教諭の男を再逮捕(7日)TBS | トップページ | 監禁容疑で男ら3人再逮捕 宮城死体遺棄、栃木県警(7日)産経 »

2022年3月 7日 (月)

少数派の女性警察官 活躍PRの一方、採用枠では男女に差 なぜ?(7日)朝日

 和歌山県警は毎年の新人採用の際、あらかじめ男女別の人数の枠をもうけて採用している。その比率は男性が多く、極端なときは男女比が6対1のときもあった。今年度の全国の地方警察官の女性割合を見ても1割強。警察は、女性にとって活躍しにくい職場なのだろうか。
 県警の採用は、大卒者を対象とした「A採用」とそれ以外の人を対象とした「B採用」の2種類ある。県警は例年、それぞれに対して、男女別の「採用予定人数」を決めている。
 今年度に実施された採用試験を見ると、A採用のメインとなる前期の採用予定人数は男性30人、女性5人の6対1だ。この予定人数に対し、男性113人、女性34人が受験したので、倍率は男性3・8倍、女性は6・8倍となった。
 同じく今年度のB採用では、予定人数は男性20人、女性5人の4対1。受験者は男性115人、女性31人で、このときも女性の倍率が少し高かった。
 県警の過去5年分の採用予定人数の男女比と倍率を見ると、メインとなる試験の採用予定人数はいずれも男性が多かった。倍率は、男性が高いときも女性が高いときもあった。

女性活躍アピールしているのに

 女性活躍がうたわれ、様々な…

この記事は有料会員記事です。残り2164文字
https://www.asahi.com/articles/ASQ365FTFQ36PXLB005.html

« 教え子の水着の着替えを盗撮 小学校教諭の男を再逮捕(7日)TBS | トップページ | 監禁容疑で男ら3人再逮捕 宮城死体遺棄、栃木県警(7日)産経 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教え子の水着の着替えを盗撮 小学校教諭の男を再逮捕(7日)TBS | トップページ | 監禁容疑で男ら3人再逮捕 宮城死体遺棄、栃木県警(7日)産経 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ