埼玉県警は31日、同僚の20代女性警察官の住居に侵入し小型カメラを設置したとして、住居侵入などの疑いで浦和東署交通課の男性巡査(23)をさいたま地検に書類送検したと発表した。県警は同日付で巡査を懲戒免職処分とした。県警によると、盗撮目的で侵入したと認め「女性の下着に興味があった」と説明しているという。
書類送検容疑は、1月5日、さいたま市内の集合住宅にある女性警察官の住居に侵入し、脱衣所に小型カメラを設置したとしている。県警によると、巡査は昨年10月以降、この女性警察官を含む20代の同僚女性2人の住居にそれぞれ複数回侵入していたという。
荻野長武首席監察官は「職員に対する職務倫理教養を徹底し再発防止に努める」とのコメントを発表した。
https://www.sankei.com/article/20220331-XWS7X35XTVLBBPCAGEWOEHMNUY/