4日午後6時40分ごろ、京都府宇治市小倉町の無職、高安定夫さん(75)方で「父と母が血を流して倒れている」と男性から通報があった。京都府警宇治署員が、室内で出血して倒れている高安さんと妻の久子さん(74)を発見したが、2人は現場で死亡が確認された。
宇治署によると、現場で血の付いた刃物が見つかった。玄関や窓は施錠され、外から人が侵入した形跡はみられなかったという。同署が詳しい経緯を調べている。
同署によると、高安さん宅は夫婦2人暮らし。高安さんは毎日、夕食を一緒にとるために近くの息子宅を訪れていた。この日は姿を見せなかったため、息子が高安さん宅の鍵を開けて室内で2人を発見した。
現場は近鉄京都線小倉駅の西約150メートルの住宅街。
https://www.sankei.com/article/20220304-BCPED6I2U5NFBIEQ6ULNV4PUPY/