同居する父親(74)を包丁で刺したとして、福井県警福井署は13日、殺人未遂の疑いで福井市経田の自称会社員、沢田明雄容疑者(46)を現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めている。父親は搬送先の病院で死亡が確認され、同署は容疑を殺人に切り替えて調べる。
逮捕容疑は13日午後1時10分ごろ、自宅で父親の無職、弘美さんの胸などを包丁で刺して殺そうとしたとしている。
同署によると、沢田容疑者自ら「包丁で刺した」と110番し、駆け付けた同署員が脱衣所で倒れている弘美さんを発見した。沢田容疑者は弘美さん、母親との3人暮らし。
https://www.sankei.com/article/20220313-QLMKCRVUUVOV3PLMZJXYFXNU3I/