滋賀県警は9日、不倫相手の20代の女性警察官に拳銃を見せようと不適切に取り出したとして、銃刀法違反容疑で警察署勤務の40代の男性警部補を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分とした。警部補は同日、依願退職した。
送検容疑は昨年1月ごろ~7月ごろ、滋賀県内の警察署や交番で、職務上必要がないのに複数回に渡って、実弾入りの拳銃を取り出したなどとしている。
滋賀県警監察官室によると、警部補は既婚者。「女性の気をひきたかった」と話しており、不倫関係にあった女性警察官に見せることが目的だったという。
女性警察官も同日付で本部長注意とした。昨年3月の異動まで警部補と同じ警察署で勤務していた。
滋賀県警の島端弘文監察官室長は「警察への信用を著しく失墜する行為であり、県民に深くおわびする。職員に対する指導を徹底し、再発防止に努める」などとしている。
https://www.sankei.com/article/20220309-PLAANJUZZJK7TOBCY5MWLTFFWI/