祖母(90)の頭を殴って意識障害を負わせたとして、岡山県警児島署は20日、傷害の疑いで同県倉敷市児島田の口、自称大学生、西川成次容疑者(31)を現行犯逮捕した。祖母は搬送先の病院で死亡し、同署は傷害致死容疑に切り替えて動機などを調べる。西川容疑者は「平手で何発か殴ったことに間違いない」と容疑を認めている。
逮捕容疑は20日午後5時5分ごろ、同市児島田の口の宗教関連施設で、祖母の西川かずゑさんの頭を手で複数回殴り、意識障害を負わせたとしている。
西川容疑者の母親が「息子が暴れている」と110番した。署員が駆け付けると、かずゑさんはうつぶせで倒れ、反応がない状態だった。
https://www.sankei.com/article/20220321-FBAIGSN24RLIXMDTQOHJWF2VQM/