国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金計1100万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた元慶応大生の鶴岡嵩大(たかひろ)被告(23)に、松江地裁(畑口泰成裁判官)は30日、懲役3年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
被告はプロ野球南海(現ソフトバンク)の監督を務めた故鶴岡一人氏の孫で、慶大野球部で活動していた。公判で起訴内容を認め、刑の執行猶予を求めていた。
起訴状などによると、被告は知人らと共謀し令和2年7月、コロナの影響を受けた個人事業主だと装い、事業収入を偽った確定申告書の控えを国に提出し、給付金計1100万円をだまし取ったとしている。
https://www.sankei.com/article/20220330-OJ3MQFSZN5MDNKFBJWWD22FLCM/