カテゴリー

« 防弾チョッキ大量に盗まれる ウクライナ支援用―米(18日)時事 | トップページ | 東京都 新型コロナ 7825人感染確認 前週より600人余減(18日)NHK »

2022年3月18日 (金)

ライフライン復旧急ぐ 被災地「断水いつまで」―震度6強の宮城、福島(18日)時事

宮城、福島両県で最大震度6強を観測した地震で、断水や停電は18日も一部地域で続き、両県はライフラインの復旧を急いでいる。断水は少なくとも宮城県内で2万戸以上、福島県では5市町の一部で継続。東北電力によると、停電は解消に向かいつつあるものの、同日午前11時時点でなお宮城県の約200戸、福島県の約3200戸で続いている。

嘆息…でも「負けない」 家財散乱、落ちた瓦―震度6強の福島、宮城

 総務省消防庁によると、地震による死者はこれまでに両県で3人、けが人は12県で計180人確認されている。
 宮城県大崎市では約1万戸が断水。18日早朝から自衛隊による給水が田尻地区などで行われ、大勢の住民が集まった。
 同地区の鈴木収吾さんは複数の給水容器を持参し、計50リットルの水を受け取った。「容器はもっと欲しかった。妻と息子家族の計7人分なので、あと2回は給水に来ないといけない」と話した。スーパーなどでは、容器の品切れも出始めているという。
 近所の藤井京子さん(75)も息子家族との6人暮らし。「(水が使えないと)トイレとお風呂が困る。浴槽にためた水をペットボトルでくんでトイレを流している。お風呂は隣町の娘の実家に入りに行った」と語った。
 夫婦で農業を営む佐々木英雄さん(75)は、どこで行われるのか防災無線で聞き取れず、友人から話を聞いて給水に訪れた。「断水がいつまで続くのかも知らされていないので、心の目標ができない」とやるせなさを隠せない様子だった。
 勤務先で使う水をもらいに来たという会社員の女性(58)は、東日本大震災の教訓を生かし、「(水を節約するため)食器にラップを巻いて洗い物をしないようにするなど、工夫している」と明かした。
 東北新幹線の不通による影響も大きく、仙台駅周辺の高速バス乗り場には朝から多くの利用客が訪れた。JRバス東北は東京方面への便数を増やして対応。18日は新宿駅と東京駅行きの15台を運行するが、既に満席という。東京から出張中の会社員山崎洋介さん(46)は「普段は新幹線で来ていたので、使えないと不便。週明けから別の仕事があるので日曜には戻りたい」と困った様子。「他のバスの空きも確認してみます」と足早に去って行った。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022031800411&g=soc

« 防弾チョッキ大量に盗まれる ウクライナ支援用―米(18日)時事 | トップページ | 東京都 新型コロナ 7825人感染確認 前週より600人余減(18日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 防弾チョッキ大量に盗まれる ウクライナ支援用―米(18日)時事 | トップページ | 東京都 新型コロナ 7825人感染確認 前週より600人余減(18日)NHK »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ