福岡市内で大麻を所持したとして、大麻取締法違反罪に問われた和太鼓演奏集団「DRUM TAO(ドラムタオ)」の元メンバー、山口泰明被告(39)の判決公判が福岡地裁で開かれ、鈴嶋晋一裁判官は懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役10月)を言い渡した。判決は14日付。
鈴嶋裁判官は「大麻の薬理作用を得るための犯行で動機に酌むべきものはない。常習としてなされており、悪質だ」と述べた。
判決によると、令和3年12月、福岡市内の路上に止めた乗用車内で大麻を所持するなどした。
TAOは大分県竹田市を拠点に活動しており、太鼓などの和楽器を使ったパフォーマンスが人気。海外でも公演し、平成30年はNHK紅白歌合戦に出演した。
https://www.sankei.com/article/20220315-REV2QHKLD5PJFODFXJFYKBRVEQ/