110番通報を約440回繰り返したとして、仙台中央署は8日、業務妨害容疑で、宮城県柴田町下名生上納の公立中教諭、水戸良紀容疑者(51)を逮捕した。「こんなにも電話していない」と容疑を一部否認している。
逮捕容疑は昨年2~10月、仙台市にある県警本部通信指令室に無言電話などの110番通報を繰り返し、通報の受理や処理の業務を妨害したとしている。
同署によると、通信指令室の着信履歴から水戸容疑者が浮上した。
https://www.sankei.com/article/20220208-ONYTEMDMSNJK5DM2JDIQVLLSY4/