東京パラリンピックの警備に派遣された際、部下にパワーハラスメントをしたなどとして、神奈川県警が第2機動隊長の男性警視(56)を警務部長注意処分としていたことが2日、県警への取材で分かった。処分は昨年12月。
県警によると、警視は昨年8~9月、都内に派遣され、県警の部隊を統括。部下の40代男性警部に対し、複数の隊員がいる前で「仕事は遅いのに飯を食うのだけは早いやつだ」などと発言した。
公用車内で喫煙する内規違反もあり、警視は事実関係を認めているという。県警は「非公表事案のため詳細は明らかにしない」と説明している。
https://www.sankei.com/article/20220202-OJJIHV5DKZKXTIGHR26PHAILKI/