千葉県警松戸署は22日、介護施設で女性入所者(91)に暴行してけがを負わせたとして、傷害容疑で、市川市大野町、介護職員、大野祥平容疑者(32)を逮捕した。女性は頸椎を損傷する重傷。署によると、大野容疑者は容疑を一部否認している。
逮捕容疑は昨年11月30日ごろ、松戸市の介護付き有料老人ホームで、女性の体をつかんで揺さぶる暴行を加え、けがを負わせたとしている。
署によると、今年1月に匿名の情報提供が寄せられていた。けがの状況から、頭か首をつかんで揺さぶったとみている。