睡眠導入剤の原薬の模造品を製薬会社に販売したとして、警視庁生活環境課は、医薬品医療機器法違反の疑いで、東京都の医薬品卸売会社「ライフ・エヌ・ピー」の元副社長、船木肇容疑者(51)=港区六本木=ら3人を逮捕した。法人としての同社も書類送検した。
同課によると、ライフ社は国内の製造会社から睡眠導入剤「トリアゾラム」の原薬を仕入れていたが、製造会社が平成31年1月に生産を中止。そのため韓国の会社から原薬を仕入れ、同じ製造会社名を記載した箱やラベルで梱包(こんぽう)し、これまでに製薬会社に約1億円で販売したとみられる。
模造品は市場に流通したが、正規品と成分は同じだったといい、健康被害は確認されていない。製薬会社は約6千万錠を販売しており、回収を実施した。
3人の逮捕容疑は共謀し31年7月11日、原薬の模造品38箱を計約5335万円で製薬会社に販売したとしている。
https://www.sankei.com/article/20220217-BANACZSAIVKZXFYDURIKP37R5E/