カテゴリー

« 「トー横」暴行死事件「卍会」と“木更津の暴走族”が死亡男性に暴行(1日)TBS | トップページ | 熊本県産として販売のアサリ 約97% “外国産混入の可能性”(1日)NHK »

2022年2月 1日 (火)

石原慎太郎氏が死去 各界から悼む声(1日)NHK

東京都知事や運輸大臣などを務め、芥川賞作家としても知られる石原慎太郎氏が、2月1日、亡くなりました。89歳でした。
石原氏の死去を受けて、各界から悼む声が上がっています。

自民で政調会長など歴任 亀井静香氏「『太陽が沈んだ』」

自民党の政務調査会長などを務めた亀井静香氏は、NHKの取材に対し「『太陽が沈んだ』。彼は現代の最高の知性だった。亡くなったとしても、彼の影響力は、ずっと続くだろう。その意味では『また太陽は必ず昇る』」と述べました。
亀井氏は「去年12月初めに彼の自宅で面会する機会があったが、あれが最後になってしまった。体調が悪いようで、元気もなかった。それでも、別れる時には手を握りあい『元気で頑張れよ』と声をかけたが、彼は涙を流していた」と振り返っていました。

石原都政で副知事 安藤立美氏「歯切れよいリーダーだった」

石原都政で副知事を務めた東京信用保証協会の安藤立美理事長は「国に対しても職員に対しても、はっきりものを言う歯切れがよいリーダーだった。突破力があり、本当に魅力的な人でこんなに早く亡くなったと聞いて、残念でならない」と話しています。

ジャーナリスト 田原総一朗さん「大きな衝撃で仰天 大ショック」

長年、親交のあったジャーナリストの田原総一朗さんは、石原慎太郎さんの死去について「大きな衝撃で仰天した。大ショックだ」としたうえで「自分の前ではどなったりすることは決してなく、穏やかな人だった」としのびました。
田原さんは石原さんのデビュー作「太陽の季節」について「かつては自分も小説家になろうと思っていたが、この作品を読んで挫折した。それほどまでに衝撃的だった」と振り返りました。
また、政治家としての石原さんについては「日本の自立の重要性をこれほど明確に主張した人はいない」としたうえで「『作家としては100%認めるが、政治家としては認めない』と言ったら、大げんかになったこともあったが『考えは違うが互いに信じている』というようなことばを交わしたことを覚えている」と話しました。そして「石原さんのような主張をしっかりと引き継ぐ人は出てきておらず、極めて残念だ」とも話していました。

« 「トー横」暴行死事件「卍会」と“木更津の暴走族”が死亡男性に暴行(1日)TBS | トップページ | 熊本県産として販売のアサリ 約97% “外国産混入の可能性”(1日)NHK »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「トー横」暴行死事件「卍会」と“木更津の暴走族”が死亡男性に暴行(1日)TBS | トップページ | 熊本県産として販売のアサリ 約97% “外国産混入の可能性”(1日)NHK »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ