宮城県警泉署は1日、自宅に女性の遺体を放置したとして、死体遺棄の疑いで仙台市泉区将監、職業不詳、佐藤結美容疑者(49)を逮捕した。署は、遺体は同居の80代の母親の可能性が高いとみて調べている。
逮捕容疑は昨年10月下旬ごろから、女性が死亡していると認識しながら自宅に放置し、遺棄したとしている。
署によると「母親の姿を最近見かけない」と知人から通報があり、佐藤容疑者宅に駆け付けた署員が遺体を発見した。目立った外傷はなく、署が死因や経緯を調べている。
https://www.sankei.com/article/20220202-VHGWQRL4UZOCFJPICADZM3B7S4/