カテゴリー

« 貨物列車のコンテナ間に男性乗り込む 山陽線に遅れ(13日)産経 | トップページ | 竹富町長と受注業者側5人を逮捕 「海底送水管工事」で官製談合・入札妨害の疑い 沖縄県警(14日)共同 »

2022年2月14日 (月)

入管庁と弁護士会の知られざる闘いなぜ 公表資料が隠す3つの「不都合な真実」(14日)共同

昨年暮れ、出入国在留管理庁(入管庁)が公表した資料に対し、東京弁護士会(東弁)が強く抗議、一部削除を求める会長声明を出した。問題とされたのは「現行入管法上の問題点」(以下「資料」)。弁護士会はなぜ削除まで求めたのか。取材を進めると、資料には書かれていない“不都合な真実”が見えてきた。(ジャーナリスト、元TBSテレビ社会部長=神田和則)

 ▽逃亡を招いたのは誰なのか

 昨年の通常国会で批判を浴びて廃案となった入管難民法改正案。昨年12月21日に公表された資料は、入管庁が改正案の再提出を諦めていないことを示している。  資料は初めに「共生社会の実現」という理念を掲げるが、後に続くのは「不法残留の現状」「送還忌避者の発生」「送還忌避者の全体像」といった項目で、いわば入管庁が“不良外国人”とみなす人たちに対する現行法の甘さを訴える内容となっている。
https://nordot.app/861156325763547136?c=39546741839462401

« 貨物列車のコンテナ間に男性乗り込む 山陽線に遅れ(13日)産経 | トップページ | 竹富町長と受注業者側5人を逮捕 「海底送水管工事」で官製談合・入札妨害の疑い 沖縄県警(14日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貨物列車のコンテナ間に男性乗り込む 山陽線に遅れ(13日)産経 | トップページ | 竹富町長と受注業者側5人を逮捕 「海底送水管工事」で官製談合・入札妨害の疑い 沖縄県警(14日)共同 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ