岐阜県大垣市の養老鉄道大垣駅で14日、男性駅員が男に切り付けられたとして岐阜県警大垣署が傷害容疑で捜査していた事件で、同署は25日、虚偽の報告で駅の業務を妨害したとする偽計業務妨害容疑で、駅員として勤務する契約社員、氏原誠治容疑者(32)=同市大井=を逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は駅構内で勤務していた14日午後1時ごろ、上司に「切り付けられた。男は逃げた」などと虚偽を伝え、他の駅員に警察への通報や乗客の誘導などの対応を余儀なくさせたとしている。
同署によると、氏原容疑者は左腕に軽傷を負い、男について「身長約165センチの痩せ形で目出し帽を着けていた」などと説明。しかし、氏原容疑者が襲われたとする男が現場付近の防犯カメラに写っておらず、同署は自作自演の可能性もあるとみて捜査していた。
https://www.sankei.com/article/20220225-UBE4LIEMZBODNH54ZOOJ77GEVI/