カテゴリー

« 息子かたり「のどに腫瘍」、3500万円詐欺被害(19日)産経 | トップページ | 選管窓口で誤った説明、1人選挙権失う「理不尽であきれる」 滋賀・長浜市長選(20日)共同 »

2022年2月20日 (日)

熊本県民の40人に1人がコロナ感染 初確認から2年、累計4万3658人(20日)共同

新型コロナウイルスの感染者が県内で初めて確認されてから、21日で丸2年となる。熊本日日新聞が集計した感染者の累計は4万3658人に上り、県民の40人に1人が感染した計算。感染力の強い変異株「オミクロン株」が猛威を振るう「第6波」は今も続いており、収束時期は3年目を前にしても見通せない。

  1年目の感染者は公表日ベースで年間3436人だったが、2年目は4万222人と11・7倍に膨らんだ。流行の波ごとに見ても、「第3波」は2020年12月~21年1月に2316人、「第4波」は21年4~5月に2743人、「第5波」は21年8~9月に7281人と、増加の一途をたどった。
 過去最大の第6波は22年の年明け早々に到来。1月の感染者は1万3895人で21年8月の5535人を上回り、月別の最多を更新した。2月は19日までで1万5368人に上り、1月を超えた。
 昨年末までに1日当たりの感染者が300人を超えた日は、わずか1日。第6波では1月14日以降、37日間続いている。このうち千人を超えたのは計7日。1月27日の1275人が最も多かった。
 2年間の感染者のうち、0・4%に相当する192人(男101、女91)が亡くなった。70代以上が9割弱を占め、死亡率は高齢になるほど高かった。年ごとの死亡者は1年目が72人、2年目は120人。ワクチン接種や治療薬投与などの効果もあり、11・7倍まで増えた感染者に比べ、死者の増加は抑えられている。
 2年間の感染者の年代別は20代が18・7%と最も多く、30代の14・7%、10代の14・3%、40代の13・8%、10歳未満の12・4%が続いた。30代以下は全体の6割。70代以上は1割となっている。性別は男性が2万1728人で49・8%、女性が2万1930人で50・2%だった。
 居住地別は熊本市が最多の2万3481人で、全体の53・8%。八代市の3102人、合志市の1622人、宇城市の1382人が続いた。1年目まで球磨郡に四つ、阿蘇郡に一つあった「感染者ゼロ」の自治体はなくなった。
 まん延防止等重点措置の対象区域は過去2回とも熊本市のみだったが、第6波を受けた今回は県内全域に対象を広げて継続されている。(潮崎知博)
https://kumanichi.com/articles/564644

« 息子かたり「のどに腫瘍」、3500万円詐欺被害(19日)産経 | トップページ | 選管窓口で誤った説明、1人選挙権失う「理不尽であきれる」 滋賀・長浜市長選(20日)共同 »

新型コロナウイルス禍関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子かたり「のどに腫瘍」、3500万円詐欺被害(19日)産経 | トップページ | 選管窓口で誤った説明、1人選挙権失う「理不尽であきれる」 滋賀・長浜市長選(20日)共同 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ