カテゴリー

« 沖縄の高校生失明、ごまかしがデマを生む隙に 捜査機関の公表は評価(19日)共同 | トップページ | 米 黒人男性が白人警察官に銃で撃たれ死亡 禁錮2年で遺族反発(19日)NHK »

2022年2月19日 (土)

女性支援の資格認定開始へ DV、性暴力被害者ら救済―NPO法人(19日)時事

NPO法人「全国女性シェルターネット」(東京都)は、家庭内暴力(DV)や性暴力などの被害を受けた女性を支援する専門支援員の養成に乗り出す。7月から養成講座を本格的に開始し、修了すれば支援員の民間資格を与える。近年増加しているDV被害者らの救済につなげるため、専門知識を持つ人材の養成を目指す。

虐待通告、DV相談最多 未成年誘拐も増加―21年の犯罪情勢・警察庁

 内閣府によると、2020年度に全国の相談支援センターなどに寄せられたDV相談は約19万件で、前年度の約1.6倍に増加。性犯罪や性暴力の相談件数も5万件を超えた。
 シェルターネットは昨年8月、全国で初めて専門支援員を養成する「ジェンダーベイスト・バイオレンス専門支援員養成センター」(札幌市)を設立。養成講座では、インターネットを使ったeラーニング形式でジェンダー論や法制度などを学び、DV防止法に基づく保護命令申立書の作成を経験したり、離婚調停の現場を見学したりする。1~3年かけて全講座を修了し、専門支援員の資格が与えられる。
 シェルターネット共同代表の北仲千里・広島大准教授は「支援員は誰もができる仕事と思われがちだが、実際には法的な知識が必要。現場で動ける専門知識や能力がある人が不足している」と指摘する。養成センターの近藤恵子代表も「知識がなければ対応を誤り、救える命を失うこともある。現場を動かせる支援員をたくさん養成しなければ」と意気込む。
 今年1月中旬から始まった養成講座の試行版には、全国から約60人が参加。札幌市の60代女性は「ジェンダーの歴史的背景など、基礎から学べて勉強になることばかり。女性が自分らしく生きる手伝いをしたいと感じるようになった」と話す。
 近藤代表は「生きることが難しい状況にまで追い込まれてしまう人がたくさんいる。専門支援員の養成で、一人でも多くの人が回復の道へつながってほしい」と力を込める。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022021900160&g=soc

« 沖縄の高校生失明、ごまかしがデマを生む隙に 捜査機関の公表は評価(19日)共同 | トップページ | 米 黒人男性が白人警察官に銃で撃たれ死亡 禁錮2年で遺族反発(19日)NHK »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄の高校生失明、ごまかしがデマを生む隙に 捜査機関の公表は評価(19日)共同 | トップページ | 米 黒人男性が白人警察官に銃で撃たれ死亡 禁錮2年で遺族反発(19日)NHK »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ