静岡県警は15日、外国産ワカメを鳴門産と偽って販売したとして、不正競争防止法違反などの疑いで、静岡市葵区の食品加工会社「黒汐の華」社長、小川重英容疑者(80)=葵区田町=ら3人を逮捕した。県警は、産地が偽装されたワカメが全国で販売されていたとみて、流通経路や外国産ワカメの入手元などを詳しく調べる。
他に逮捕されたのは、小川容疑者の息子で取締役の良容疑者(36)=静岡市駿河区森下町、工場責任者の小林和子容疑者(70)=駿河区みずほ。
逮捕容疑は昨年11月上旬、静岡市内にある工場で、外国産ワカメを鳴門産と誤認させる表示をした商品を製造し、同市の水産会社に販売した疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。
https://www.sankei.com/article/20220215-DMCPO44CZFL75DZSG7352YPVDM/