カテゴリー

« 突入志願「使命果たす」 元長野県警機動隊員―あさま山荘事件から50年(28日)時事 | トップページ | 「まん延防止」今週判断へ “都市部中心に延長”の意見も(28日)NHK »

2022年2月28日 (月)

ロシア軍事侵攻 ウクライナ軍各地で抵抗続ける 戦闘一層激化か(28日)NHK

ウクライナでは、軍事侵攻したロシア軍に対し、ウクライナ軍が第2の都市ハリコフなど各地で抵抗を続け、戦闘は一層激しさを増しているものとみられます。

ウクライナ第2の都市ハリコフの状況

ロシア軍とウクライナ軍との激しい戦闘が伝えられているハリコフについて、地元の州知事は27日、自身のフェイスブックに「完全に私たちがコントロールしている」などと投稿し、ロシア軍を退けたと主張しています。
現地で撮影されたとみられる映像にはロシア軍の軍用車両などが放置されている様子が映っています。

ハリコフの日本語学校経営者「街の中でも朝から戦いあった」

激しい戦闘が伝えられているウクライナ第2の都市、ハリコフに住むウクライナ人の男性が現地時間27日午後5時ごろ、NHKのインタビューに日本語で応じました。
ボリス・モロズさん(36)はハリコフで日本語学校を経営し、中学生から社会人までの生徒およそ30人に日本語を教えています。
ロシア軍とウクライナ軍との戦闘は激しさを増しているということで、モロズさんは「もう4日間続いていて、戦争が始まっていまがいちばんひどい爆撃が続いています。眠るのも難しく夜もミサイルが次々と発射されとても恐ろしい音です。街の中でも朝から戦いがあった」と現地の状況を説明しました。
そして、「ロシアはウクライナ軍の関係の所だけ爆撃すると述べていますが、現実はそんなことはないです。街にはあちらこちらにミサイルの一部があります」と話していました。
また、ハリコフでの生活については、街中でパンが無料で配られていて、長い行列ができるとしたうえで、「ガスと電気は時々止まりますが、修理してくれる人も街に残っています。食べ物はまだ残っていますが少なくなっています」と話していました。
モロズさんはロシアがウクライナに軍事侵攻したあとも、日本語のオンライン授業を続けているということです。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220228/k10013504701000.html

« 突入志願「使命果たす」 元長野県警機動隊員―あさま山荘事件から50年(28日)時事 | トップページ | 「まん延防止」今週判断へ “都市部中心に延長”の意見も(28日)NHK »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 突入志願「使命果たす」 元長野県警機動隊員―あさま山荘事件から50年(28日)時事 | トップページ | 「まん延防止」今週判断へ “都市部中心に延長”の意見も(28日)NHK »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ