カテゴリー

« 勤務中ギター、相談の女性5人にLINE、署内不倫…大阪府警の処分(12日)朝日 | トップページ | 「コロナ薬開発」でインサイダー事件 事業実態にも疑惑(12日)日経 »

2022年2月12日 (土)

児相、内縁夫の「叱ったが反省」受け入れ 保護を解除 女児虐待 (12日)朝日

岡山市で5歳だった女児を鍋の中に長時間立たせる虐待をしたとして母親と内縁の夫が逮捕された事件で、市の児童相談所が2020年9月に女児を一時保護した際、内縁の夫が「叱ったが反省している」と児相に話していたことが分かった。児相はこの説明を受け入れて2週間で保護を解除したが、以降は一度も男に会えていなかった。
 女児は保護解除の約1年後、虐待後に意識不明で搬送され、今年1月に死亡した。市は外部有識者の審議会で対応を検証する。
 女児は西田真愛(まお)ちゃん。死亡時は6歳だった。岡山県警が強要容疑で逮捕したのは、実母の西田彩容疑者(34)と内装工の船橋誠二容疑者(38)。船橋容疑者は容疑を認め、西田容疑者は否認しているという。
 市によると、20年9月に「真愛ちゃんが墓地に立たされ男に叱られている」との通報があり、県警が真愛ちゃんを保護し、市こども総合相談所(児相)に通告した。児相は同24日に真愛ちゃんを一時保護し、西田容疑者と3回、船橋容疑者と2回それぞれ面談した。男による虐待の疑いを伝える通告は19年4月からあったが、児相が船橋容疑者と会ったのはこの時が初めてだった。
 児相によると、船橋容疑者は「(真愛ちゃんが)騒ぎ続けたので連れ出し叱った」と説明。過去にも墓地で2~3回、叱ったと話した。西田容疑者もこの行為を知っていたという。
 その後、2人が「今後はしな…

https://www.asahi.com/articles/ASQ2C6SZFQ2CPTIL01D.html

この記事は有料会員記事です。残り362文字

« 勤務中ギター、相談の女性5人にLINE、署内不倫…大阪府警の処分(12日)朝日 | トップページ | 「コロナ薬開発」でインサイダー事件 事業実態にも疑惑(12日)日経 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勤務中ギター、相談の女性5人にLINE、署内不倫…大阪府警の処分(12日)朝日 | トップページ | 「コロナ薬開発」でインサイダー事件 事業実態にも疑惑(12日)日経 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ