海上自衛隊は16日、インターネットでわいせつ動画を公開し、販売したとして、海上幕僚監部総務部の星将人3等海曹(32)を懲戒免職処分にした。警視庁が昨年11月、わいせつ電磁的記録頒布の疑いで逮捕、その後、同罪で起訴された。海自の調査に対し「安易に副収入を得ようとした。とても後悔している」と話している。
海自によると、星3曹は令和2年4月から昨年11月までの間、わいせつ動画の販売で約1100万円の収益があった。
海自の鬼頭祐介広報室長は「国民の不信を招き申し訳ない。規律を保持するよう指導を徹底し再発防止に努める」とのコメントを出した。
https://www.sankei.com/article/20220216-GSNAIRZACFKERESE26XBCBQGMA/