13日午前5時15分ごろ、北海道恵庭市島松寿町1丁目のJR島松駅構内の踏切で、貨物列車と同市島松本町1丁目の無職、松本実さん(87)の軽トラックが衝突した。当時、松本さんは車外にいたが、列車と衝突した弾みで動いてきた軽トラックにぶつかり、搬送先の病院で死亡した。
千歳署によると、松本さんは踏切横断中に遮断機が下り、それを手で上げるため、車外に出ていたとみられる。
JR北海道によると、貨物列車は名古屋貨物ターミナル駅を出発し、札幌貨物ターミナル駅に向かっていた。事故の影響で50本が運休し、約2900人に影響した。
https://www.sankei.com/article/20220213-URJWRRJT3BPVZNKQ4QBSL2GDDU/