17日午後4時ごろ、大阪市都島区友渕町のマンション敷地内の通路で、歩いて下校していた小学5年の男児(11)の前方に、石3個が相次いで落下した。男児に当たらず、けがはなかった。男児は直後にマンション6階で人影を目撃しており、大阪府警都島署は何者かが6階から石を落としたとみて、殺人未遂事件として捜査している。
同署によると、3個の石はそれぞれ1~5センチ程度の大きさで、男児の約6メートル左前方に連続して落下。帰宅後に母親を通じて通報した。男児は同署に対し、「石が落ちたのでマンションを見上げたら、6階の踊り場に高齢女性がいた」と話しているという。
https://www.sankei.com/article/20220217-OQWLX7WD4ZN2BOTJYOZ4BMOQ2Q/