カテゴリー

« 大崎事件第4次請求審理が終結 鹿児島地裁、再審可否判断へ 時期は未定(29日)共同 | トップページ | ベッドに母遺体、身潜める男 閃光弾で突入、医師も同じ部屋に―人質立てこもり(29日)時事 »

2022年1月29日 (土)

銃声、血だらけでうずくまる男性 近くには小、中学校も…ふじみ野立てこもり、住民ら避難し不安な一夜送る(29日)共同

医師が銃撃されて人質となったのは、在宅クリニックの患者宅だった。埼玉県ふじみ野市で2人が死傷した人質立てこもり事件。発生から約11時間後の28日、県警が逮捕した男(66)宅では母親の遺体が見つかった。「介護の対応に怒っていた」。優しく献身的と慕われた医師の男性(44)はなぜ犠牲になったのか。突然の惨劇に、周辺住民は避難して不安な一夜を送った。
 現場は東武東上線ふじみ野駅から西に約2キロ離れた住宅地の一角。近くには小学校や中学校がある。
近くに住む女性(69)は銃声を聞いた。「お風呂に入っていたら、ボーンという音が聞こえた。今まで聞いたことのないような音だった」と振り返る。様子をうかがいに外に出ると、パトカーや救急車などがたくさん来ていたという。「警察官にも『立てこもりが発生したので外に出ないで』と言われた。銃を持っている人がいたなんてびっくり」と振り返った。
 近所の男性(43)は銃声を2回聞いた。「男性が血だらけの状態でおなかのあたりを抱えてうずくまっていた。女性が『救急車』と叫んでいた」と話す。一時避難した男性は「すぐ終わると思っていたが気付いたら大ごとになっていた」と話した。
避難した10代の学生は「帰ってきたら自宅が規制線でふさがれていたという。「家に入ろうとしたら、危ないので避難してください」と言われ、避難所に身を寄せた。
 近くに住む無職男性(91)は男について、「トラブルは聞いたことない」と語る。数年前に男らが引っ越してきた際、「母親が病気で、近所同士で付き合えないと言われた」。会話の際は普通の人だと思ったが、「銃を持っているなんて知らなかったし、そんなことをするなんて思いもしなかった」と驚いていた。
https://nordot.app/859928433323540480?c=39546741839462401

« 大崎事件第4次請求審理が終結 鹿児島地裁、再審可否判断へ 時期は未定(29日)共同 | トップページ | ベッドに母遺体、身潜める男 閃光弾で突入、医師も同じ部屋に―人質立てこもり(29日)時事 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大崎事件第4次請求審理が終結 鹿児島地裁、再審可否判断へ 時期は未定(29日)共同 | トップページ | ベッドに母遺体、身潜める男 閃光弾で突入、医師も同じ部屋に―人質立てこもり(29日)時事 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ