平成23年7月に仙台市内の路上で当時20代の女性に性的暴行を加えたとして、宮城県警仙台南署は12日、強姦致傷の疑いで、仙台市太白区土手内、無職、伊藤真也容疑者(39)を逮捕した。「この件については何も話したくない」と認否を留保している。
逮捕容疑は23年7月14日未明、仙台市太白区の路上で女性の腹を数回殴って性的暴行を加え、けがをさせたとしている。
事件現場で採取、保管していた試料が、昨年10月に別の強制わいせつ致傷事件で逮捕された伊藤容疑者の試料と一致した。
https://www.sankei.com/article/20220112-L5O35H73QRNHVOMUWIAPITT5VA/