愛知県警は27日、風営法違反(無許可営業)の疑いで摘発したセクシーキャバクラの関係先として、同容疑で特定抗争指定暴力団山口組弘道会の本部事務所(名古屋市中村区)を家宅捜索した。売り上げの一部が弘道会の資金源になっていたとみて調べる。
同日午前10時ごろ、捜査員約20人が事務所前に到着。関係者が不在だったため、立ち会いの消防士に向けて令状を読み上げた後、次々と事務所内に入っていった。
県警は今月15~16日、県公安委員会の許可を得ないまま同市中区錦でセクシーキャバクラ6店を営業したとして、2つの風俗店グループの経営者ら計6人を逮捕した。
https://www.sankei.com/article/20220127-ULLNEOUAYJO3BPSLH3QCNRQQSY/