駐輪場で知人男性に首を絞めるなどの暴行を加え、けがをさせたとして、傷害の罪に問われた元彦根署長で無職、川合明被告(74)=栗東市=の判決公判が18日、大津地裁で開かれた。横井裕美裁判官は「警察官時代に習得した逮捕術を用いて暴行を加え、犯行は危険で悪質」などとして、懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。
川合被告は公判で「自分の身を守るためだった」などと起訴内容を否認し、正当防衛に当たるとして無罪を主張。けがの信用性についても争っていた。
判決理由で、横井裁判官は被害男性の供述がけがなどの状況と整合することや「被害者の耳元が(暴行で)青紫色になり、危険だと思った」とする目撃者の証言が具体的で信用できると判断。川合被告の暴行により男性が首の捻挫などのけがをしたことを認定した。
一方、男性が川合被告を地面に引き倒すといった暴行に及んだとする弁護側の主張については、信用できないとし、「正当防衛は成立しない」と判断した。そのうえで、「川合被告は不合理な弁解に終始し、反省や謝罪の態度はみられない」とした。
判決などによると、令和2年3月19日、スナックのオーナーだった川合被告は草津市内のアパートの駐輪場で、代金の未払いがあった男性の胸ぐらをつかみ、その場にうつぶせに倒れた男性の背中を膝で押さえつけた。さらに、背後から首を絞めつけるなどの暴行を加え、首の捻挫など全治約2週間のけがをさせた。
https://www.sankei.com/article/20220118-424VP75Z2ZI5BLFGXMITRNLD5Y/